飲食店向け多言語翻訳メニューサービス

■訪日外国人観光客の店舗・施設における利便性を向上!!

■飲食店などの個店が抱える課題を解決!!

 お客様満足度の向上をサポートをします。

■主要機能

多言語対応
テーブルオーダー
価格付きバーコード出力
動画リンク
自動翻訳

①大がかりな設備は不要!iPadで日本語メニューを自動で多国語に翻訳可能。

②マスターメニュー(日本語or英語)から11カ国、12ヶ国語に簡単変換。

③画像や動画で調理方法や料理の特徴を説明。 

④メニューを作成する事でホームページを自動で作成。

⑤オーダー端末として利用可能。メニューから注文できます。

⑥オーダーレシートに価格付バーコードを印字可能。

 バーコードをスキャンすることで既存のレジ・POSで会計できます。

⑦価格付バーコードを使用してレジスターで会計登録

 通常のレジスター・POSと簡単連携!!

の特徴

マルチ言語対応、多国語メニュー:

 11ヶ国語12言語を簡単に切替表示可能

 

対応言語:

英語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・スペイン語・ポルトガル語・韓国語・ベトナム語・タイ語・中国語(簡体/繁体)・日本語

電子メニュー機能:

写真や動画での料理の説明や調理の方法などを各国語で説明。

外国人観光客へのお助けツール(指さし注文メニュー)としてご利用いただけます。

訪日外国人観光客が来店された際に、紙メニューの代わりとしてiPadを手渡しし、お客さまに指さしでご注文いただきます。

テーブルオーダー機能:

モードを変更することで、注文端末/厨房端末/管理端末に設定可能。

簡易なテーブルオーダーシステムとして活用頂けます。

 

 

インストアマーキング(価格付き)バーコード発行機能:

商品の製造・出荷の段階でJANコードを印刷できない商品に小売店などが付加するインストアバーコードをArtMenuで設定、オーダーレシートに印字することが可能。

会計時にお客さまのお使いのレジまたはPOSなどでバーコードをスキャンすることで会計ができます。

レジ・POSと業務連携することで導入コストを抑えた簡易テーブルオーダー端末としてお使いいただけます。

 

◆印刷イメージ (注文伝票)

◆印刷イメージ(キッチンレシート)

レジ・POS連携イメージ:

 

インストアマーキング(価格付き)バーコードとは?

生鮮食品(野菜や肉など)は、個々の重さによって値段が異なるため、お客さま店舗独自のマーキングが施されたラベルを貼り付けられています。

このような、商品の製造、出荷の段階でJANコードを印刷できない商品に店舗で付加するコードを、インストアマーキングと呼びます。

※JANの国コードに対応する最初の二桁については、混同を避けるため02、20〜29を使用するように決められています。

レジスター連携

レジスターで会計時にArtMenuで発行された価格付きバーコードをスキャンする事でレジスターに商品を登録できるので、お客さまがお使いのレジスターをそのままお使いいただけます。